おしゃれなデザインの紙袋はいかが?!

電車のIC機能付き社員証について

学校や会社で以前は名札をつけていました。ところが最近ではネックストラップに付いた社員証を首からぶら下げています。セキュリティシステムの鍵替わりにもなり、会社の入管管理、そして勤怠管理としても利用できる社員証ですが、電車のIC乗車券、電子マネー、そして定期券と一体化させる機能をつける事も出来るそうです。カードの表面は自由にデザインできるそうなので、企業ごとに設定することができます。会社のロゴマークや社名、社員名などを入れることができるので通常の社員カードと変わらず利用する事が可能なのではないでしょうか。定期券機能として使用する場合はあ、裏面に定期区間が記載されるそうです。電子マネー機能付き社員証にて電車やバスの乗り降りを利用した際には、履歴を元に、交通費の精算書を作成する事も可能だそうです。必要な時に発行することができるので在庫を多くなどのコストを削減する事が出来るようです。

自動改札機の通過に必要な社員証

我々が駅の自動改札を通る時には、電子マネーを用いることがあります。電子マネーは、自動改札機の所定の箇所にタッチをすることになります。タッチをするだけで、自動改札機を通ることができます。電子マネーは買い物にも利用することができますので、とても使い勝手が良いと思うのですが。ところで、そのタッチをするタイプの社員証というものも存在します。考え方としては、上記の自動改札機と同様です。というのも会社によっては、その自動改札機と同様の機械が入口部分に設置されていることが有るのです。その入り口部分を取るためには、社員証が必要になってきます。それを自動改札機の所定の箇所に当てることで、入り口を通過できるというシステムが採用されているケースがあります。私がそのようなタイプの社員証を初めてみた時には、なかなかハイテクなものだと思った記憶があります。

クレジットカード機能付きの社員証も

社員証の役目は、もちろん従業員であることを証明するものです。ところで証明書と言えば、我々はそれを用いての申し込みをすることがあります。例えば金融関係の商品などを利用する時には、証明書を提示するケースなどが多いです。ではクレジットカードの申し込みをする時に、社員証は身分証明書として通用するものなのでしょうか。通用しないようです。大抵は免許証や保険証などが、通用するものなのです。しかし、そのクレジットカードと一体型になっているタイプのものはあります。例えば会社によっては、食堂などがあります。その食堂での支払いをする時なども、一体型のものが用いられるケースなどが多いようです。その一体型のタイプを用いた方が、会社としては色々と事務手続きなどが楽になってくるそうです。それを考えると、社員証というものはとても高機能なものだと思います。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

*